スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ここは2036?~003~

ここは2036?~003~


僕らが拾った神姫の一斉、それは予想外の言葉だった。

『わふわふ?』

確か、僕がハウリンを始めて起動した時はーー

◆◆◆

『ーーセットアップ完了、起動します。オーナーのことは、何とお呼びすれば…』

◇◇◇

「うん、こんな感じだったはず」
『ほとんど覚えてないじゃないですか…』
自分のボディをキレイに拭き終わったハウリンが、僕の側へと近寄る。
どうやら、僕は思い出したことを口に出していたらしい。
「さすがにそこまで記憶できてないなぁ…」
『私とマスターの始めての思い出を、忘れてしまったんですか?』
呆れたような表情で、ハウリンが冷たく答える。

これは、まずい。
ハウリンと僕が始めて出会った思い出を思い出せないなんて、マスターとしては痛い失態だ。
ここは素直に謝った方がいいだろう。
「ごめんなさい…」
『まあ、私もマスターの呼称を聞くまでの間は、メモリーに記憶されてないんですけど』
「…このごろ、ハウリンが僕に対する態度が冷たくなってきたと思うんだ」
『さあ?秋になったからじゃないんでしょうか?』
じゃあ、冬になったらどうなるんだろう。
…考えたくもないので話を進めることにする。

クレイドルで待機している神姫を、眺めるとーー
『わふわふ?』
やはり同じ反応が返ってくる。
「うーん、言語設定間違ったか、それともバグなのか…」
『言語設定も間違えありませんし、ステータスチェックも正常でしたよ?』
「ネットで検索してみようか」
ノートパソコンのウィンドを切り替えようとしたとき、目の前に浮遊物が飛び込んできた。
『ダンナ、ちょっと待った!そのことならアッシに任せてくだせぇ!』

◇◇◇

僕の目の前に飛び込んできたきたのは、プチマスィーンだった。

プチマスィーンとは、ケモテック社製の神姫に付属されてるビット型の武装の一種だ。
特徴は、他社の神姫のビットにはない独自のAIを搭載し、神姫のサポートをも行える。

いま目の前を浮遊しているのは、飛行武装状態をした胸に"壱"と書かれた犬のプチマスィーンだ。
『ダンナ、ダンナ!姐さんのことならあっしに任せてくだせぇ!』
そういうプチマに、ハウリンが話に割って入る。
『お前、この子の言ってること分かるの?』
ハウリンがいうと、プチマがチッチッチッと舌打ちし(実際は舌も人差し指もない)、間違ってます的なアピールをする。
『ハウリンの姉さん、アッシのことは"イッチー"と呼んでくだせぇ!』
そんなアピールにイラっときたのか、ハウリンが無表情でこたえる。
『…壱号』
『イッチー』
『壱号…』
『イッチー』
『壱号!』
『イッチー♪』
『…』
『…』
少しの間、無言のやり取りが行われたが、我慢できなかったのはハウリンだった。
『マスター!あいつ生意気ですよ!?プチマのくせに、自分で名前をつけるとか無いですよね!?』
「いや、涙目で言われても…」
『泣いてません!』
そういいつつ、目をゴシゴシと擦って涙を隠す。
…何だか子供の喧嘩を見てるかのようだ。
「えーと、プチマのことはよく分からないけど、そういうモノじゃないの?」
『ぜーんぜん違います!』
「まあ、名前くらいいいんじゃないかな?本人も気に入ってつけたんだし」
『さすが姐さんのマスター!わかってらっしゃる!』
正直、これ以上は厄介ごとを増やしてもらっても困るのが現状で。
もう時間も昼を過ぎてお腹も減ってきたので、話を進めたいのだ。

「で、イッチーはこの子の言ってることが分かるんだよね?」
『姐さんには特殊なボイスパーツが付いていやして、話す言葉が全て"わふ語"に翻訳される訳でさぁ』
「じゃあ、こっちも話す時は"わふ語"に直さないとダメなの?」
『いえ、それについては普通に話してくだせぇ』
「だけど、この子と話す時は常にイッチーが必要になるという訳か…」
僕がそう答えると、イッチーは僕の耳元まで移動し、囁くように言った。
『いえ、普通にケモテック社のホームページにアクセスすれば、無料でハウリンの姉さんにも翻訳が可能にーー』
そのときだった。
ハウリンの頭に着いていた犬耳パーツがピクピクと動いて、
『マスター!ケモテック社のホームページにアクセスして翻訳ソフトをインストールしてきますね!』
してやったりな笑顔で、ハウリンは自分のクレイドルに戻って行った。
「…ウチのハウリンは地獄耳だから、隠し事は無理だからね?」
『へぇ…』

◇◇◇

『わふわふ?(オーナーのことは、何とお呼びすれば宜しいですか?)』
「その一言にそんな長い意味が…」
『まあ、語数はあまり関係ないでさぁ』
僕はクレイドルで待機中の神姫に答える。
「僕のことはマスターでいいよ?」
『わふ、わふふー(了解しました、マスター)』
「マスターって言うのも"わふ"なんだ」
『そういう仕様でさぁ』
『わふふー?(マスター、私に名前をいただけないでしょうか?)』
そう言われて、思い出す。
『どうせマスターの事です、名前なんて考えてなかったんですよね?』
「それ以前に、名前の設定すら忘れてた…」
ハウリンがいつも遊んでいるスーパーボールを僕の顔面に向かって投げつけられたが、鼻先をかすめて回避する。
「全く、神姫にロボット三原則ってのはないのかね…」
文句をいったら二個目が飛んできたので、これ以上は口ごたえしないことにする。
『私の時みたいに、適当につけたら許しませんからね?』
「いや、適当ではないよ?僕はハウリンって名前に惚れて君を迎え入れたんだからね?」
そういうと、照れ隠しに三個目が飛んできた。
それも回避した時、ふと名前が思いついた。

「うん、これがいい」
『わふ?(お決まりになりましたか?)』
「キミの名前は"ハー"だよ。ハウリンの頭一文字を取って"ハー"」
『何だか、ダンナのネーミングセンスがひでぇんですが…』
『私もデフォルトネームだし、マスターときたら…』
そこの二人、いつの間にヒソヒソ話をする仲になったんだ…。

名前を設定しているのか、ハーのボディからキューンと短い駆動音がした。
『わふー(登録完了しました)』
そう答えると、ハーはクレイドルから起き上がり、僕の胸に飛び込んできた。
『わふわふふー♪(よろしくお願いしますね、マスター♪)』
満面の笑顔で答えるハー。
そんな僕らを見て苦笑しながら見つめるハウリン。
僕とハーの周りをクルクルと周り続けるイッチー。

こうして僕たちの生活は始まった。
スポンサーサイト

ここは2036?~002~

ここは2036?~002~

ハウリンと僕が公園で見つけた箱、その中身は神姫だった。

「ハウリンと、同型の神姫…?」
『捨て犬、ではなく捨て神姫?いえ、犬型なので捨て犬でも…』
そういうと、ハウリンは頬に手を当てて考え始めた。
「ハウリン、そこは考えることじゃないと思うよ?」
僕は箱に入っている神姫を手に取ってみる。
「…特に目立った損傷ないけど、起きないなぁ。バッテリー切れかな?」
『いえ、箱の中を見てください』
箱の中にはハウリンの標準武装一式と、CSCが入っていた。

CSCを簡単に説明すると、神姫の心となるパーツだ。
見た目こそ小さな球体の宝石だけど、見た目以上に高度な情報処理を行える電子部品の一種だ。

僕は手に持った神姫の胸パーツを持ち上げると…
『…マスターのエッチ』
誤解が生まれた。
「ハ、ハウリン、これは違うよ!?CSCが入ってるか確認するだけだよ!?」
ハウリンに冷たい視線を送られながらも、僕は胸パーツを外す。
すると、左胸に小さな丸い穴が三つ空いていた。
『CSCがセットされていませんね…』
「CSCが無いと初期化されてる…んでいいんだっけ?」
『はい。人間で言うなら心臓を取られたようなものです』
「その例えはやめようよ、せめて心を失ったとかさぁ…」
僕は胸パーツを閉じ、神姫を箱に戻した。
『マスター、この子どうしましょう…』
「ウチにはもう一匹いるでしょう?」
『犬扱いですか!?』
だって犬型ですし、というと話が進まなくなるので少し考えることにした。
「捨てられてるってことは、故障してるってことも考えられるね」
『メンテナンスチェックのプログラムを起動すれば解りますが…』

プログラムを起動するには、パソコンが必要になる。
いま持っている携帯端末からは起動は不可能だ。
「一度家に持ち帰らないと分からないか…」
『…持ち帰るんですか?』
「他の子がウチに来るのはイヤ?」
『いえ、そうではなくて。もう犬型神姫をが一体居るから不要なのかと…』
「でも、ハウリンはそう思ってないんでしょ?」
『マスター…』

◇◇◇

部屋に戻ると、僕は箱から神姫とクレイドルを取り出した。
彼女をクレイドルに寝かせると、棚からノートパソコンを取り出す。
『なんでメインのディスクトップではなく、サブのノートパソコン何ですか?』
「パソコンのデータを狙った罠とかも考えられるからね」
『なるほどー』
クレイドルから出るケーブルを、ノートパソコンに接続する。

ちなみに、クレイドルの接続が正しくセットされた確認が取れると、クレイドル側から各種のプログラムが送られてくる。
ネットを使ったりディスクからダウンロードする必要はないのだ。

各種のプログラムの中から、メンテナンスチェックとパラメータチェックを選択し起動する。
『初期化されてるならチェックはすぐ完了するはずですが…』
ハウリンの言うとおり、チェックはすぐ完了した。
「データはちゃんと初期化されてる。ただ…」
ボディのデータを確認すると、2つレッドのチェックがかかっている。
『メンテナンスオイルの供給量の不足と、両手の関節が摩耗してますね…』
「メンテナンスオイルは"万能ジェリカン"があったよね?」
そういうと、ハウリンが棚に閉まってあるメンテ用のヂェリカンの数を確認しに行く。

ヂェリカンとは神姫用の栄養剤のようなもで、外観はボトル型をしている。
種類は様々で、中の液体によって様々な効果が得られる。

なかでも"万能ヂェリカン"は新型のメンテナンスオイルだ。
中身は粘性のある白い液体で、見た目は他のヂェリカンと差異はない。
しかし、このヂェリカンは電圧のかけ方でオイルの性質が変わる。
電圧が低いと粘度が高く、関節などの潤滑オイルに。
電圧が高いと粘度が低く、カメラアイの洗浄オイルに変化する。
用途別に分けてヂェリカンを準備する必要もなく、飲む神姫にも負担が減る。
正式名は違うものも、僕ら神姫オーナーの間ではその使いやすさから"万能ヂェリカン"と呼んでいる。

ちなみに、ハウリンはイチゴ牛乳味のヂェリカンが好きで、それ以外は飲もうとしない。
以前に店頭で貰った試供品の梅味のヂェリカンを渡したら、凄く怒られたことがあった。

『えーと、4本残ってますね。…だいたい2ヶ月分ですね!』
「ハウリンはバトルしないんだから1ヶ月に1本でしょ?好きだからって飲み過ぎはダメだよ」
『むー』
膨れるハウリンを横目に、パソコンをチェックする。
「オイルはあるとして、問題は手の関節か…」
『直せますよね?』
「直すより交換した方が楽だし、手間もかからないよ。でも、今は予備がないからショップに行かなきゃ」

◇◇◇

神姫ショップに着くと、さっそく備品売り場へ足を運ぶ。
『マスター、コレですよ』
「えーと…けっこうな値段だね」
手持ちが足りない、という訳ではない。
ただ、この後にハウリンと買う約束してた洋服分があるので、それを考えると資金繰りが厳しい。
もちろん、あの子を直してあげたい気持ちはある。
だけど、ここまで来てハウリンを悲しませたくはない。

僕が答えを出そうとしたとき、ハウリンが僕より先に答えを出した。
『…マスター、私の服は諦めますので、あの子を直してくれませんか?』
「…ハウリンは、それでいいの?」
ハウリンは無言でうなずいて、僕の答えを待った。

僕は正直、驚いた。
ハウリンは意地っ張りで頑固な性格で、コレと言ったら答えを変えない子だ。
今回の服だって、前からどれが欲しいのか決めてて、僕が別の服に変えようとしても聞こうとしなかったほどだ。
それが、いまは他の神姫のために答えを変えたのだ。

僕は棚からパーツを取り、買い物カゴに入れた。
「…僕は、ハウリンを選んで本当に良かったよ」
『私も、私のマスターが、マスターで良かったと思ってます』
嬉しそうに答えるハウリンは、悲しむどころか、笑顔でいっぱいだった。

◇◇◇

家に帰るなり、僕はすぐにパーツの交換をした。
そして、CSCをセットし、再チェックをかける。
「…よし、これで完了っと」
『私の方も完了ですよ』
そういうハウリンは、眠っている神姫のボディーの手入れをしていた。
「何してるかと思ったら、ボディを拭いてたのか」
『新品同様、ピッカピカですよー』
確かに、ボディは光が反射するほどピカピカだ。
代わりに、ハウリンのボディは少しくすんでしまっている。
「僕もハウリンを拭いてあげるよ」
『い、いいですよ!自分でやりますから!!』
ハウリンは頬を染めながら、照れ隠しに自分の体を拭き始める。

そんなやり取りをしているうちに、再チェックが終わった。
ディスプレイの表示は正常を示すオールグリーンで、セットアップ完了の文字が点滅している。
後はエンターキーを押すだけで、この神姫は起動する。
「…起動するけど、いいよね?」
ハウリンは無言で頷き、寝ている神姫を見守る。

僕は、エンターキーを押した。

神姫からキューン、と起動音がしてボディがピクリと動く。

寝ていた神姫がゆっくりと目蓋を開き、目の前の僕を見上げる。

そして、第一声が…

『わふわふ?』

この言葉だった。

ここは2036?~001~

ここは2036?~001~


ある晴れた日曜日の朝、僕は少女の声で起こされた。
『マスター、起きて下さい!朝ですよ!』
目蓋を開けると、枕元に立つ…身長15センチの少女。
彼女の名前は"ハウリン"。
彼女は武装神姫と呼ばれる少女の姿をしたロボットだ。

「おはようハウリン」
僕はそういいながら、ハウリンの頭を人差し指で軽く撫でる。
『わ、わふん…』
ハウリンは頬を染めながら、尻尾をフリフリと振る。

…ハウリンには尻尾がある。
それは、彼女のモチーフが犬型だからだ。
ちなみに、頭には僕特製の犬耳センサーがついていて、それがハウリンのなかで一番のお気に入り装備らしい。
そう言って貰えると、僕も嬉しい限りだ。

◇◇◇

軽い朝食を済ませ、ハウリンと今日の予定を確認する。
「まず午前中はー」
『10時から開店する神姫ショップですね♪』
尻尾を振りながら嬉しそうに答える。
今日はハウリンと近所の神姫ショップに買い物に出かける予定だ。

神姫ショップとは、字のごとく武装神姫関係のグッズが売られている店だ。
主に売られているものは対戦用に使用する武装だったりするが、その他にもアクセサリーや服まで売られている。
僕の場合は対戦目的に神姫を購入した訳でもないので、どちらかといえば後者が主な目的だったりする。

今日はハウリンとの約束で、神姫用の服を買ってあげることになっている。
だから今日の彼女はいつもより上機嫌なのだ。
「開店時間まで、少し時間あるね。運動もかねて近くの公園まで散歩にでも行こうか」
『はい!』

◇◇◇

家から徒歩6分、近くの運動公園の中を歩く。
ハウリンが僕の胸ポケットから頭をヒョコッと出し、周りを見渡す。
『今日は散歩日和ですねー』
空を見上げ、ハウリンが答える。
空には、ウロコ雲が広がっている。
「やっと秋らしくなってきたかな?」
落ち葉を踏みながら秋の変わり目を確認していると、前から一人のおばさんが歩いてくる。
ハウリンもおばさんに気付いて、挨拶をする。
『斉藤さん、こんにちはー』
「こんにちはー」
「こんにちは。今日も二人でお散歩なんて、仲がいいのねー」
『ふふ、今日はお買い物前のお散歩でーー』

そんな挨拶を交わしながら、ハウリンは散歩中のおばさま方と仲良くなってゆく。
その影響からか、僕もおばさま方に優しくしてもらっている。
おかげで、春には花見に招待されたり、夏には海水浴に行ったりもした。

こうして楽しく過ごせるのも、ハウリンのおかげなのだ。

◇◇◇

適度に時間が潰れ、運動公園を出ようとしたとき、ハウリンが何かに気が付いた。
『マスター、アレなんでしょう?』
ハウリンが道端へと指を差す。
そこには、小さなダンボール箱が置かれていた。
ハウリンが胸ポケットから出ると、箱に近づいて書かれた文字を読み取る。
『拾って下さい…?』
「動物でも入ってるのかな?」
少し前の時代でこんな光景はよくあったようだけど、
いまは法律が改訂され、ペットを捨てるのは禁止されている。
『でも、中に熱源と物音がしませんね』
「…最悪なことしか思い浮かばないんだけど」
そもそも、ダンボール箱にガムテープで封がしてあることがおかしい。
箱の中身が動物として考えた場合、封をしてしまったら動物は箱の中で身動き取れなくなる。
…この場合の最悪とは、中の動物の生死の答えだ。
しかし、拾ってくれる相手を待つのに、そんな酷いことをするのだろうか?

もし、箱の中身が爆弾だった場合はどうだろう。
それにしたって、"拾って下さい"なんて書くのが変だ。
こんな目立つように書いて、警察にでも通報されたら意味がないのでは?

推理したところで答えなんて得られるはずもない。
「さしずめ、シュレディンガーの猫箱ってとこか…」
『なんですか、それ?』
「まあ、開けてみないと最悪か状況かどうかも分からないってこと」

僕は箱に手をかけ開けようとすると、ハウリンがそれを阻止した。
『開けるなら私が開けるので、マスターは少し離れて下さい。
マスターが犠牲になる必要はありません』
「僕はハウリンが犠牲になるのは嫌だなぁ…」
『心配ご無用です、これでも戦闘データが搭載された神姫ですから。
マスターよりは優秀ですよ?』
「…ここはハウリンの顔を立て任せることにしよう」
『任せて下さい!』

僕は箱から5メートルほど離れると、ハウリンが箱のテープを剥がし始めた。
あの15センチしかない体で、テープを剥がすのは一苦労なのだろう。
人ではテープを剥がすのに10秒もかからないが、ハウリンでは約2分かかった。

『マスター、開きました!』
「中身確認できる?」
ハウリンは箱の中をそっと開け、中を確認する。
すると、驚きながら僕を呼んだ。
『マスター、来てください!』
僕は駆け寄り、箱の中身を確認する。

そこには、動物でも爆弾でもない別のーー

「ハウリンと、同型の神姫…?」

あけましておめでとうございます

皆様、お久しぶりです。

そして、あけましておめでとうございます。
今までブログ放置していたこと、生存報告すらしていなかったことを、この場でお詫び申し上げます。


…今年も相変わらずのPCの不調のためにiPadでの書き込みになります。
正直、フォントの調整とかiPadだと操作が面倒なので、このままでご了承を。


そんな不便な状態ですが、最近はiPadの性能を活かして、チョットした神姫の物語を書いています。
近い機会があったら、ブログにアップする予定です。

会社の出社時間前の数分や、暇な時に書いているのでアップするのが不定期です。
それに、私は理系の出なので文章の云々とか分かりませんが、気持ちだけで書いています。
それでも、うちの子の物語に付き合って頂けたら幸いです。

それでは皆様、今年も宜しくお願い致します。
プロフィール

霧ヶ咲 こかげ

Author:霧ヶ咲 こかげ
GUNMAに住む隠れ武装紳士。
部屋を片付けても、神姫の箱に占領される一方。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
ブロとも一覧

リース・フェレスの混沌サブカル時空
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。